【モデルコース】JTBのフリープランで充実したワシントンDC旅行(上級者編)

ジョージタウンモデルコース
スポンサードリンク

スポンサードリンク

フリープランで行く海外旅行の1番の魅力は、なんと言っても現地で自由に過ごせるのと、航空券とホテル、送迎がセットになっているので、旅行の手配をする心配が少ないことではないでしょうか?

個人で手配する時と比べ、航空会社やホテルの選択肢が減ってしまいますが、旅の前から日本に帰国する時までのサポートが充実しているので、場合によっては個人手配よりもメリットが大きいのがフリープランの特徴です。

フリープランというと、どうしても海外旅行初心者や言葉が不安な方が選ぶものと思ってしまいがちですが、今回はあえて海外旅行に精通している上級者があえてフリープランを選ぶ理由とモデルプランを作ってみましたので、是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

海外旅行上級者が敢えてフリープランを選ぶ理由

ワシントンDCがあるアメリカ合衆国で最も話されている言語は言うまでもなく英語です。

日本では小学校から英語を習い、中学英語までをきちんとマスターすれば日常生活で困ることはないと言われています。

それに、インターネットが普及して海外旅行の予約サイトが溢れているので、敢えて大手の旅行会社を通さなくても、豊富な選択肢の中から自由に旅行プランを組み合わせることができます。

そのため、海外旅行、特にワシントンDCに旅行する時、ある程度英語が話せる方であればインターネットで好きなタイミングで予約して、自分のペースでフラッと出かけることが多いでしょう。

Macを眺める女性

しかしながら、そんな方であっても大手の旅行会社が販売しているフリープランを選ぶメリットがあるのです。

特にJTBのフリープランは旅の前から日本に帰国時までのサポートがかなり充実しているので、個人手配では体験できないメリットがあります。

例えば、仕事や病気などで急に行けなくなった時でも、同等のプランを予約することで、キャンセル料がかかることなく旅行を繰り越すことができます。

また、現地では24時間日本語で通話できる専用のホットラインや、現地のガイドと一緒に街歩きを楽しめる「おはようワシントン」などがあります。

さらに現地の空港とホテルの間は無料の送迎がついていて、6名以上で参加の場合は専用車が手配されます。もちろん、チップも含まれていますので、煩わしいチップの計算も必要ありません。

どんな方が選ぶ?JTBのフリープラン

地図を見る旅人

海外旅行の上級者がフリープランを選ぶ理由を紹介しましたが、ここからはどんな方にフリープランが向いているのかを紹介します。

まず、海外旅行に精通している方の多くは、自分一人で行く場合にあえて大手旅行会社のフリープランを予約するケースはあまりないでしょう。

こういった方のほとんどは言葉や現地の習慣に精通していて、現地の人と同じように過ごしたいと思っているので、日本語によるサポートが充実しているプランは時として煩わしく感じてしまうでしょう。

では一体どんな方がフリープランを選ぶのでしょうか?

海外旅行の上級者がフリープランを選ぶケースとして1番に考えられるのは、やはり複数人数で行く場合でしょう。

友達

この場合、上級者が一緒に参加する人を引率する形になるので、自分が好きな航空会社やホテルなどを選んで一からプランを作るよりも、初めから基本的なプランが組まれているフリープランを選んだ方が時間の節約にもなりますし、なんと言っても日本語のサポートが充実しているので、引率する側も一緒に参加する側も余計な心配をしなくて済むという、大きなメリットがあります。

特に、3人以上で参加すれば一人当たりの旅行代金が割引されますし、6人以上で参加すれば現地の空港とホテル間の送迎は専用車で移動することができるのもメリットと言えるでしょう。

Lincoln MKT

もう一つ考えられるケースは、自ら初心に帰って旅を愉しみたい方でしょう。

この場合は旅そのものを楽しむというよりも、旅行会社のサポートや現地ガイドがどのように案内をするのかなど、初心者とはまた違った目線であえて初心者向けのコースに参加することになります。

上級者は既に自分自身の目線でワシントンDCの魅力を体験しているので、あえて違った目線で愉しむことでまた新たな発見ができるというメリットがあります。

モデルコース:海外旅行上級者が作る、ワシントンDC6日間の旅

1日目:日本からワシントンDCへ

各自、羽田空港に集合、引率者が搭乗までの説明をして搭乗手続き。

ANA、またはユナイテッド航空の直行便でワシントンDCへ。

現地到着後、係員と合流して宿泊先のホテルへ、ANAの場合はダレス空港に隣接する博物館に立ち寄ることもできます。

ホテル到着後、現地係員のサポートのもとチェックイン、滞在中の説明を受ける。

2日目:日本語ガイドが案内する、ワシントンDC1日市内観光

数ある市内観光ツアーの中から、日本語ガイドが案内し、ホテル発着のツアーを予約、博物館解散の場合は引率者がホテルまで案内。

3日目:現地ガイドと一緒に歩く「おはようワシントン」に参加。

タクシーや地下鉄の乗り方やおすすめのスーパーなどの説明を聞きながら、ワシントニアン気分で街歩き。

市内観光では行かなかった場所に行ってみたり、市内観光で行ったけど時間がなくてじっくり愉しめなかった場所にもう一度行ってみるなど、参加者と相談しながら思い思いにワシントンDCを愉しんでください。

4日目:ワシントンDCからエクスカージョン、日帰りで郊外の街へ

ワシントンDCの郊外には魅力的な街がたくさんあります。

日本語ガイドが案内するオプショナルツアーを予約して、ワシントンDCから一歩足を伸ばしてみては?

5日目:楽しい思い出と共に日本へ

早朝、ホテルのスタッフが部屋まで荷物を取りにきます。

各自チェックアウトを済ませフロントで荷物を受け取り、日本語を話す係員が案内する車へ。

ダレス空港到着後、現地で待機している日本語係員の指示に従ってチェックイン。

各自セキュリティチェックを済ませた後、空港内のお店やラウンジで最後のアメリカをお愉しみください。

6日目:日本到着

国際日付変更線を通過し、6日目に日本到着。

各自通関手続きを済ませた後、解散。

初心者から上級者まで、気軽に参加できるJTBのフリープラン

JTBのフリープランは日本語によるサポートが充実しているので、海外旅行初心者はもちろん、時間を節約したい上級者にも向いているパッケージツアーとなっています。

特に複数人数で参加する場合、旅行代金が割安になるなどのメリットもありますし、上級者は一緒に参加する方を引率することで、また違った愉しみ方ができるでしょう。

添乗員になった気分で海外旅行を愉しんでみるのも、また良いものですね。

error:コンテンツは保護されています。
タイトルとURLをコピーしました