参加人数別、ワシントンDCおすすめの観光スタイルと街歩きで気をつけておきたいポイント

楽しんでいる人々モデルコース
スポンサードリンク

スポンサードリンク

ホワイトハウスやリンカーン記念堂などの定番観光スポットから、ジョージタウンのお洒落な街並みなど、ワシントンDCにはここでしか味わえない数多くの見どころがあります。

それらを効率よく、そして思う存分満喫するには様々な方法があります。

初めてワシントンDCを訪れる方や、定番スポットを周りたい方は市内観光ツアーに参加したり、ひとりで気ままに散策したい場合は現地の交通機関を使って気の赴くままに街歩きを愉しむのも良いでしょう。

しかし、いくら日本人に馴染みがあるアメリカとはいえそこは海外、実際に出かける前に十bnんな対策をしておくに越したことはありません。

今回はワシントンDCのおすすめ観光スタイルを参加人数別に紹介していきます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

現地での過ごし方は参加人数で決まる、参加人数別おすすめの旅行スタイル

ワシントンDCに関わらず、旅行のスタイルは参加する人数によって決まるといっても過言ではないでしょう。

というのも、日本で販売されている旅行商品の多くは2人参加を前提に組まれていて、3人以上は割引、ひとりの場合は一人部屋追加料金を支払うことで参加できるようになっているからです。

そのため、旅行のプランを立てるときはひとりで参加するのか、2人で参加するのか、それとも3人以上で参加するのかによって予約の方法や現地での過ごし方などが変わってきます。

ひとりで旅をする場合は個人手配一択、個人旅行のメリット

Macを眺める女性

フリープランをはじめ、旅行会社で販売している多くの旅行商品は2人参加を前提として売られています。

そのため、ひとりで参加する場合はどうしてもひとり部屋追加料金を払って参加しなければなりません。

また、現地のオプショナルツアーに関しても、多くのツアーは2人以上でないと参加できなかったり、ひとりで参加する場合は2人分の料金を払わなければならなかったりします。

これらのことから、ひとりで旅をする場合は個人手配が一番得するプランということになります。

また、個人で手配する場合はインターネットの旅行予約サイトを使うか、旅行に特化したクレジットカードの特典を使うのが最もメリットを享受できるでしょう。

2人で旅行する場合はフリープランがおすすめ

2人で旅行する場合は大手の旅行会社で販売しているフリープランが断然おすすめです。

フリープランには現地の観光や食事などはついていませんが、添乗員同行のツアーとは違い、他の参加者がほぼ混じらないので、2人だけの時間を思う存分愉しめます。

また、フリープラン自体2人参加を前提として売られているので、航空券やホテルの選択肢は少なくなるものの、ひとりで参加するよりも断然お得な料金で愉しめます。

オプショナルツアーに関しても、2人で参加できるツアーは種類が豊富で、特に日本語ガイドが付くツアーと組み合わせれば、添乗員同行のパッケージツアーと遜色が無いものに仕上がります。

3人以上で旅行する場合は添乗員同行のパッケージツアー、もしくはフリープラン

3人以上で旅行する場合は添乗員同行のパッケージツアーかフリープランに参加するのがおすすめです。

添乗員同行ツアーに参加する場合、ワシントンDCの他にニューヨークなど他の都市にも行くので、行程が忙しくなりますが、反面旅行の手配など、面倒な部分を全て旅行会社に丸投げできるので、3人以上で参加する場合は特におすすめです。

また、多くの旅行会社では3人以上で参加すると割引になる場合がありますので、個人で手配するよりも断然お得です。

3人以上で旅行するとなると、参加する人数分の意見を旅行プランに反映させなければならないので、個人で手配した場合、どこかで不備が生じた際に後々面倒なことになることがあります。

そうならないためにも、3人以上で旅行する場合は旅行に関する手配はできるだけ旅行会社に丸投げして個人が負う負担をできるだけ減らしましょう。

ちなみにフリープランで予約する場合は、できるだけオプショナルツアーで埋めて完全なフリータイムは全行程の中、半日程度に留めておくのがおすすめです。

また、ホテルの部屋割は次の通りに割り当てましょう。

  • 3人:3人一部屋
  • 4人:2人一部屋
  • 5人:3人一部屋2人一部屋
  • 6人:3人一部屋、または2人一部屋

このように、ひとり部屋ができないように部屋割りをすれば、ひとり部屋追加料金がかからずにすみますし、できるだけ3人部屋にすることで割引料金が適用されます。

ひとり旅では気ままな散策、複数人数ではオプショナルツアーがおすすめな理由

ジョージタウン

海外に行くのであれば、現地の人のように自由気ままに街歩きを愉しみたいと思うことがあるのではないでしょうか。

日本では観られない景色や、現地ならではの食事など、海外街歩きにはたくさんの魅力がありますが、楽しい思い出を作るためには、参加人数によって街歩きの方法を変える必要があります。

ワシントンDCで日常的に話されている言葉は言うまでもなく英語ですが、そこに複数の日本人旅行者が出かければ、間違いなく仲間内では日本語で会話することになります。

周りが英語で話しているのに、日本人旅行者が一塊になって日本語で会話していれば、間違いなく観光客であることが一発でわかってしまい、悪い人の餌食になってしまう確率が跳ね上がってしまいます。

そうならないためにも、複数人数で旅行する場合はできるだけ貸切の移動手段で行動できるオプショナルツアーで街歩きを愉しむのがおすすめです。

逆にひとりで旅をしている場合はオプショナルツアーの料金が割高になってしまうことが多いので、自由気ままに現地の交通機関を使って街歩きを愉しめば、現地の人の空気を肌で感じることができるでしょう。

ひとりの場合、日本語を話す相手がほぼいない上、そもそもワシントンDCには世界中から様々な人が集まっているので、周りからも観光客であることを知られないどころか、むしろ現地の人と勘違いされてしまうことすらあるくらいです。

旅行会社が2人用のプランを基本にしている理由

旅行会社イラスト

最近ではひとりで旅をする方に向けて、旅行会社もひとり旅専用のパッケージツアーなどを販売しているところもありますが、やはりメインの商品は2人用のプランであるところが多いです。

というのも、旅行会社はその名の通り、そもそも「旅行」を販売しているのであって、「旅」を販売しているわけでは無いからです。

どういうことかと言うと、「旅行」とはそもそも2人以上で非日常の体験ができる場所に移動し、再び日常に戻ることを指し、「旅」とはひとりで旅行の行程を行うことを指します。

そのため、旅行会社では2人参加を基本とした旅行商品をメインで販売していて、ひとりで参加する場合は追加料金を払うことで参加できるということになります。

厳密にいうと海外のホテルの宿泊料金は、人数ごとではなく部屋ごとに決まっていて旅行会社が抑える部屋のほとんどはベッドが2つある部屋のため、2人参加が基本パックになるというのが正しいのですが、「旅行」と「旅」の違いという観点からも、旅行会社が2人参加を基本としている理由が明確なので、紹介しておきます。

最適な旅行プランを選んで充実したDC旅行を

ワシントンDCに旅行すると、日本では味わうことのできない体験をすることができますが、参加する人数に応じて最適な旅行プランを選ぶことで、旅行そのものを左右することになります。

参加人数と旅行プランの関係はとても重要なので、旅行の計画を立てる時は是非参考にしてくださいね。

error:コンテンツは保護されています。
タイトルとURLをコピーしました