旅行アイテム

ワシントンD.C.に持って行くべきクレジットカードの種類

いわずとしてたアメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.、そこには数多くの政治家や著名人が集い、政治や合衆国の歴史にまつわる様々な観光名所があることから、多くの観光客が訪れる街です。

海外は日本とは異なって、様々な背景を持った人が同じ場所で過ごしているので、「個人の信用力」が大きく問われます。そこで信用力の証となるのがクレジットカードです。

クレジットカードは一定基準の審査に合格した人にしか発行されないので、それを持っているだけでその人の経済力や、信用力を証明することができます。特に北米ではその傾向が強く、ましてや、数多くの政治家や著名人が集まるワシントンD.C.では、その力が大きく試されます。

そこで、社会人がワシントンD.C.に持っていきたいクレジットカードを紹介していきます。

クレジットカードの種類と国際ブランド

国際ブランドロゴ

ワシントンD.C.に持っていきたいクレジットカードを紹介する前に、クレジットカードの種類と国際ブランドについておさらいしておきましょう。

クレジットカードは様々な会社から発行されていますが、それだけでは世界中で使うことはできません。そこに世界中で使うことができる決済システムを載せて初めてクレジットカードとして使うことができるのですが、このシステムのことを国際ブランドといいます。国際ブランドの種類にはVISA、Master Card、American Express、JCB、Diners Club、Discover Card、Union Payの7つがあり、このうち、VISA、Master Card、American Express、JCB、Diners Clubが5大国際ブランドと呼ばれ、日本で発行されています。

この5大国際ブランドの中で、世界シェアが高いのはVISAとMaster Cardで、この2つは世界中での決済性に特化しているため、決済カードと呼ばれています。

一方で、American ExpressとJCB、Diners Clubはクレジットカードの決済性というよりも、カード自体に付帯している特典が充実していて、その多くが旅行やエンターテインメントに特化しているので、T&Eカードと呼ばれています。

決済カード:VISA、Mastercard

T&Eカード:AMERICAN EXPRESS、Diners Club、JCB

この特徴から、クレジットカードは決済カードを1枚とT&Eカードを1枚の、2枚持つことが良いといわれています。

社会人にオススメ、ワシントンD.C.に持っていきたい、決済カード

VISA、Master Cardのうち、ワシントンD.C.に持って行く際にオススメしたいのがVISAです。Master Cardも決済性には優れているのですが、特に北米ではMaster CardよりもVISAの方が強いという流れがあったので、当サイトではVISAをオススメします。

ただし、Master Cardは外貨両替の際、空港や街中などにあるTravelexで、カードのショッピング枠を利用することができますので、両替目的で作るのもオススメです。

現地で使うカードは基本VISA、外貨両替で使うカードはMaster Card。

社会人にオススメ、ワシントンD.C.に持っていきたい、T&Eカード

海外旅行保険や現地でのサポートデスクをはじめ、魅力ある特典が満載のT&Eカード。日本ではAmerican Express、JCB、Diners Clubがありますが、ワシントンD.C.旅行でオススメしたいのが断然American Express(アメックス)です。

アメリカン・エキスプレス・カード

カードの中央に古代ローマ兵士(ケントゥリオ)が描かれたデザインはアメリカや日本だけではなく、世界中で同じデザインが採用されていて、カードを提示するだけで所有者の信用力を証明することができます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

日本ではステータスカードに対して、いろいろな意見が見受けられますが、一歩海外に出てしまえば、他人からは見知らぬ人にすぎません。そこで世界共通のデザインが採用されたカードを提示することは、「世界で通用する信用力を持った人」とみなされ、相応の対応を受けることができるのです。

特にワシントンD.C.は観光客だけではなく、政治家を始め、数多くの著名人が集まるので、この世界で共通するステータスは非常に重要な要素になってきます。

T&EカードでJCBとDiners Clubが他にありますが、JCBは日本発祥の国際ブランドで、ワシントンD.C.にはJCBの特典である、JCBプラザやラウンジがないので、あまりオススメできません。

Diners Clubは日本ではアメックスと双璧を成すステータスがありますが、アメリカでは現在、ダイナースクラブは新規で発行されていません。

ただし、JCBもDiners Clubもクレジットカードとしては優良な国際ブランドですので、どうしても欲しいという方は作ってみるのもありです。

日本で発行されているアメックスには、ローマ兵士(百人隊長)が描かれたプロパーカードの他に航空会社やホテル、デパートと提携したクレジットカードがありますが、それらの提携カードには百人隊長が描かれてなく、デルタ航空と提携したデルタアメックス以外は共通デザインではないので、信用力を証明するにはやや欠けてしまいます。

ただし、ANAと提携したANAカードに関しては、ワシントンD.C.に直行便がある航空会社として現地の人にも知られているので、ある程度のステータス性はあります。

また、当サイトではアメックスの営業担当を経由して申し込む方法も紹介しています。詳しくはお問い合わせください。

自分にあった組み合わせを選ぼう。決済カードとT&Eカードで快適な旅行を

ワシントンD.C.は観光客だけではなく、政治家や著名人が集まる街でもあることから、クレジットカードを選ぶ際にはある程度のステータスを証明できるカードを選ぶことが大切です。

決済カードは世界で通用するVISAカードを、T&Eカードは世界共通のデザインが採用されているアメリカン・エキスプレスを持っていくことで、ワシントンD.C.での滞在がより快適なものになるでしょう。

ワシントンD.C.に持って行くべきクレジットカードはVISAとアメックス、外貨両替でクレジットカードを使いたい場合はVISAと同じカード会社が発行するMaster Cardを併せて持っていく。

アメリカン・エキスプレスで信用力を証明して、VISAカードで決済性を補う、この組み合わせでワシントンD.C.を歩いてみてはいかがでしょうか。

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード
年会費税込13’200円
家族カード1枚につき税込6’600円
メンバーシップ・リワード100円で1ポイント
メンバーシップ・リワード・プラス別途年会費3’300円で登録可能(2年目以降は自動更新)
空港ラウンジ国内空港28カ所、海外1カ所
プライオリティ・パススタンダード会員(通常年会費99ドル)
海外旅行保険利用付帯

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
年会費税込31’900円
家族カード1枚無料
メンバーシップ・リワード100円で1ポイント
メンバーシップ・リワード・プラス別途年会費3’300円で登録可能(2年目以降は自動更新)
ザ・ホテル・コレクション館内利用料金より100ドル相当オフ
チェックイン時の空き状況により客室アップグレード
空港ラウンジ国内空港28カ所、海外1カ所
プライオリティ・パススタンダード会員(通常年会費99ドル)
年2回までラウンジ利用無料
ゴールド・ダイニング招待日和(提携レストランで2名以上で予約すると1名分無料)
海外旅行保険利用付帯

プラチナ・カード

プラチナ・カード
年会費税込143’000円
本人追加カード1枚無料
家族カード4枚無料
メンバーシップ・リワード100円で1ポイント
メンバーシップ・リワード・プラス無料
ファイン・ホテル・アンド・リゾートアーリー・チェックイン(12:00)
レイト・チェックアウト(16:00)
2名まで朝食無料
館内Wi-Fi無料
館内利用料金より100ドル相当オフ
チェックイン時の空き状況により客室アップグレード
ザ・ホテル・コレクション館内利用料金より100ドル相当オフ
チェックイン時の空き状況により客室アップグレード
ホテル・メンバーシップヒルトン・オナーズ(ゴールド)
マリオット・ボンヴォイ(ゴールドエリート)
ラディソン・リワード(ゴールド)
シャングリ・ラ・ゴールデンサークル(ジェイド)
空港ラウンジ国内空港28カ所、海外1カ所
グローバル・ラウンジ・コレクションセンチュリオン・ラウンジ
インターナショナル・アメリカン・エキスプレス・ラウンジ
デルタ・スカイクラブ
エスケープ・ラウンジUS
エアスペース
プラザ・プレミアム・エアポート・ラウンジ
ルフトハンザ・ラウンジ
プライオリティ・パスプレステージ会員(通常年会費399ドル)
無制限で本会員と同伴者1名まで無料
ファイン・ダイニング予約の取りずらいレストランを会員向けに期間限定で提供
2for1ダイニング招待日和(提携レストランで2名以上で予約すると1名分無料)
海外旅行保険自動付帯

世界の一流が集まる街、ワシントンD.C.へ。

CrossGateway

CrossGateway

2017年、一般観光客としてホワイトハウスの内部を見学したのをきっかけに、ワシントンD.C.に旅行する日本人向けに当サイトを開設。 ワシントンD.C.の魅力と旅を心から愉しむための裏技など、ここでしか手に入らない情報をお届けします。

関連記事

最近の記事

  1. 阪急交通社のトラピックスは買いか?ツアーのメリットと参加にあたっての注意点など

  2. ワシントンD.C.を自由に散策できるフレンドツアーの魅力、おすすめの過ごし方など

  3. HyperJuiceで旅行中の充電も完璧、ワシントンD.C.に持っていきたいモバイルバッテリー

  4. PR

    HISのオンライン体験ツアー

    HIS

CrossGateway

CrossGateway

2017年、一般観光客としてホワイトハウスの内部を見学したのをきっかけに、ワシントンD.C.に旅行する日本人向けに当サイトを開設。 ワシントンD.C.の魅力と旅を心から愉しむための裏技など、ここでしか手に入らない情報をお届けします。

ブログランキング

ブログ村

トラベルD.C. - ワシントンD.C.を100倍愉しむ - にほんブログ村

スポンサードリンク

TOP