【2020年版】アメリカ系航空会社の顧客満足度ランキング、フライトを選ぶ際に参考にしたいこと

日本からワシントンD.C.に行くにはどこかしらの航空会社を利用することになります。

一番便利なのが羽田からの直行便があるANAかユナイテッド航空で、多くの方が利用しています。

しかし、日本からの直行便が到着する空港はワシントン市内からだいぶ離れたところにあるダレス空港で、お世辞にも市内からのアクセスに便利とはいえません。

そこでワシントン市内からのアクセスが非常に便利なレーガン空港に到着するルートを選ぶ場合、アメリカにあるどこかの空港に一度降りてからレーガン空港行きのフライトを利用することになります。

今回は日本からの直行便があるフライトだけでなく、乗り継ぎ便も含めてどれが便利なのか、アメリカ系航空会社の顧客満足度から見ていきたいと思います。

2020年、アメリカ系航空会社の顧客満足度ランキング

Airline Quality Ranking (AQR)が毎年行なっている顧客満足度調査によると、2020年の結果は以下の通りになっています。

  • 1位:アレジアント航空
  • 2位:ハワイアン航空
  • 3位:サウスウエスト航空
  • 4位:デルタ航空
  • 5位:アラスカ航空
  • 6位:ジェットブルー航空
  • 7位:フロンティア航空
  • 8位:スピリット航空
  • 9位:ユナイテッド航空
  • 10位:アメリカン航空

これらの航空会社のうち、日本に就航しているのはアメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空、そしてハワイアン航空の4社です。

日本からワシントンD.C.へのアクセスはアメリカン、デルタ、ユナイテッドのいずれかで

AQRにランクインしている航空会社のうち、日本に就航している航空会社はアメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空、そしてハワイアン航空の4社ですが、日本からワシントンD.C.へのアクセスに便利なのはアメリカン、デルタ、そしてユナイテッドのいずれかとなります。

ハワイアン航空は日本からはホノルルとコナのみに運行していますが、ワシントンD.C.に行くには一度ホノルルまで行き、そこからボストンに上陸してさらに国内線に乗り継いでワシントンD.C.までいかなければならないので、非常に効率が悪いです。

一方、ユナイテッド航空は日本からダレス空港までの直行便がありますし、デルタ航空を利用する場合は日本からの直行便があるアトランタ、デトロイト、ミネアポリス、ロサンゼルス、ポートランド、そしてシアトルから乗り継ぎで、アメリカン航空はダラス、ロサンゼルスで乗り継ぐことでワシントンD.C.に行くことができます。

ランキングから見る、おすすめはデルタかユナイテッド

2020年のランキングから見ると、日本に就航している航空会社で上位にランクインしているのはデルタ航空です。

デルタ航空がワシントンD.C.への直行便はありませんが、定時運行率が高いことやオーバーブッキング率の低さなどから上位にランクインしました。

また、日本路線に関してはノースウエスト航空の時代から日本人のニーズに合ったサービスをどこよりも早く取り入れていることも、日本人にとってはプラスとなるでしょう。

一方のユナイテッド航空は2017年にオーバーブッキングによるトラブルで顧客満足度が著しく下がった時期がありますが、2020年時点ではアメリカン航空を押さえ、上位にランクインしました。

日本からのアクセスが便利なのに加えて、ユナイテッド航空ではエコノミーで予約した時でも優先アクセスやラウンジの入場券を都度料金で購入できますので、このような特典があるのもポイントが高いですね。

乗り継ぎ便を利用するときはレーガン空港へ

AQRの調査を参考にした場合、日本からワシントンD.C.へデルタ航空を利用する場合はぜひレーガン空港行きのフライトを予約しましょう。

直行便があるダレス空港はワシントン市内から車で約30分ほど西に行ったところにあり、日本からユナイテッド航空の直行便を利用する場合は当然ながらダレス空港に到着します。

しかし、ワシントンD.C.エリアには市内へのアクセスがダントツに良いレーガン空港があり、デルタ航空をはじめ、乗り継ぎ便でアクセスする場合はこちらのレーガン空港も選択肢に入ります。

このレーガン空港は主に国内線が乗り入れている空港で、アメリカの主要な空港に乗り継ぎなしでアクセスできます。

そこで、デルタ航空を利用する場合は日本とレーガン空港までを最短距離で結んだ直線上にある、デトロイトかミネアポリスを経由するフライトを予約することで、レーガン空港行きのフライトを利用することができます。

ランキングを参考に、ワシントンD.C.へのフライト

日本からワシントンD.C.へのフライトは世界的に見ても長距離に分類されるフライトで、その分長い時間を飛行機の中で過ごさなければなりません。

せっかくの旅行で楽しい気分になっているときに嫌な思いをしないためにも、このようなランキングを参考にしてフライトを選んでみるのも良いのではないでしょうか?

最近の記事

  1. 阪急交通社のトラピックスは買いか?ツアーのメリットと参加にあたっての注意点など

  2. ワシントンD.C.を自由に散策できるフレンドツアーの魅力、おすすめの過ごし方など

  3. HyperJuiceで旅行中の充電も完璧、ワシントンD.C.に持っていきたいモバイルバッテリー

  4. PR

    JTB海外航空券、ホテル、現地ツアー

    JTB

CrossGateway

CrossGateway

2017年、一般観光客としてホワイトハウスの内部を見学したのをきっかけに、ワシントンD.C.に旅行する日本人向けに当サイトを開設。ワシントンD.C.の魅力と旅を心から愉しむための裏技など、ここでしか手に入らない情報をお届けします。

ブログランキング

ブログ村

トラベルD.C. - ワシントンD.C.を100倍愉しむ - にほんブログ村

スポンサードリンク

TOP