ワシントンDCのVIPツアーで夢を叶える旅へ、日本語ツアーにはない魅力とは

合衆国議会議事堂イーストフロントモデルコース
スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワシントンDCにはホワイトハウスや合衆国議会議事堂などの政府機関や、リンカーン記念堂などの歴史的記念碑をはじめとした、ここでしか観ることのできない観光スポットがたくさんあります。

しかしながら、これらの観光スポットは大変人気があり、世界中から多くの人が押し寄せるので、時間帯によって混雑しているのが実際のところです。

せっかくの旅行で行きたかった場所に行けても、混雑してて逆に疲れてしまっては台無しですよね?

そこで今回はワシントンDCの観光スポットを効率よく、そして快適に巡ることができるVIPツアーを紹介します。

このツアーは英語ガイドですが、日本語のツアーにはない魅力がたくさんありますので、参加する価値がありますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

優先入場やクルーズ体験ができるVIPツアー

ワシントンDCのVIPツアーに参加すると、合衆国議会議事堂と国立公文書館に優先入場で中に入ることができます。

通常これらの建物に入るにはインターネットで事前予約をするか現地に行って長蛇の列に並ばなくてはなりません。

特に独立記念日の国立公文書館はこの日に合わせて『独立宣言書』を一目観ようと、全世界から観光客が押し寄せ、館内は鮨詰め状態になります。

合衆国議会議事堂も世界をリードする政治の舞台を一目観ようと、常に多くの観光客でごった返しています。

しかし、このツアーに参加すればこれらの施設の優先入場券がついてくるので、長蛇の列に並ばずに中に入って時間の許す限り滞在できます。

さらにこのツアーの魅力はポトマック川のランチ付きクルーズです。

ポトマック川クルーズ
公式サイトより

クルーズは夏季限定のプランで、それ以外の時期はランファンプラザでのランチとなります。

通常橋を渡ったり岸辺を散策する程度で終わってしまうところ、川の中央から街を臨むことで、また違った視点から愉しめるでしょう。

移動はゆったりとした高級バスで

VIPコーチバス
公式サイトより

ワシントンDCはアメリカの他の街と比べて比較的小さく、観光スポットも集中しているので、歩いて周ることもできますが、こちらのVIPツアーでは座席間隔が通常のバスよりも広い高級仕様のバスでの移動となります。

保有車両の中には黒塗りのラグジュアリーバスもありますので、運が良ければ革張りのシートに座れるかもしれませんよ。

ナショナルモールに点在する記念碑を余すことなく見学

キング牧師記念碑
マーティン・ルーサー・キング牧師記念碑。

ワシントンDCの日本語ツアーに参加するとリンカーン記念堂に立ち寄りますが、ナショナルモールにはこの他にもたくさんの記念碑が点在していて、それぞれ個性豊かな存在を放っています。

日本語のツアーではリンカーン記念堂しか立ち寄らず、その他は車窓観光で終わってしまいますが、VIPツアーに参加するとリンカーン 記念堂はもちろん、ジェファーソン記念堂やフランクリン・D・ルーズヴェルト記念碑、ヴェトナム戦争慰霊碑など、ナショナルモールに点在するほぼ全ての記念碑に立ち寄り、ガイドの説明を聞くことができます。

それぞれの記念碑は広大なモールに点在していますので、移動はバスですが、記念碑周辺を散策しながら観光しますので、外の空気に触れながらアメリカが歩んできた歴史を肌で感じることができます。

一人旅の方必見、このツアーの最大の魅力

ワシントンDCの魅力をいろいろな目線から堪能できるVIPツアーですが、このツアーの最大の魅力は即予約が確定することでしょう。

通常旅行を予約する場合、キャンセル待ちや催行人数待ちなどの制限がありますが、こちらのVIPツアーにはそのような制限は一切ありません。

特に一人で旅をする方にとってこのことは非常にありがたいことでしょう。

なぜならば、せっかく参加しようと思っても最低催行人数があるツアーの場合、人数次第でツアー自体が中止になったり、できたとしても一人参加にもかかわらず人数分の料金を払わなければならなかったりするからです。

その点こちらのVIPツアーは即予約確定な上、ツアー代金も初めから一人分の値段なので、安心して申し込むことができますし、急に予定を変更しなくても済みます。

VIPツアーで極上のひと時を

ワシントンDCのVIPツアーに参加すれば通常の市内観光ツアーでは味わえない、プレミアムな体験をすることができます。

ツアー代金は約120ドルと高めですが、優先入場やクルーズなど、ツアー代金に見合った内容となっていますので、効率よく、そして通常のツアーでは味わえない体験をしたい方には払ってでも参加する価値は大いにあると言えるでしょう。

error:コンテンツは保護されています。
タイトルとURLをコピーしました