観光

どこで予約する?ワシントンD.C.のオプショナルツアー予約サイトを比較

ワシントンD.C.には数多くの見どころが存在し、国内だけでなく世界中からたくさんの観光客が集まります。

日本発の添乗員同行のパッケージツアーですとワシントンD.C.単体で訪れるものがなく、1日で巡るハードスケジュールになってしまい、あまりゆっくり観れないので、個人手配やフリープランでワシントンD.C.を訪れる方も多いかと思います。

そこで個人手配やフリープランで訪れる方はオプショナルツアーを活用するのではないでしょうか?オプショナルツアーとは現地のホテルや指定された場所に集合してそこから出発、解散するツアーのことで現地発ならではのメリットがあります。

今回はオプショナルツアーを扱っている予約サイトを比較したいと思います。

予約サイトは大きく分けて日系と外資系の二つ

ワシントンD.C.のオプショナルツアーはほとんど日本から予約が可能ですが、予約するサイトによって取り扱っているツアーの内容が変わります。

中でも日系の旅行会社と外資系の旅行会社では取り扱っている内容がだいぶ変わってきますのでお好みに応じて選んで、自分だけのD.C.旅行を作ってみてください。

ここでは日系の大手旅行会社JTB、格安旅行会社の代名詞HISの2社と外資系のエクスペディアの1社を比較したいと思います。

ワシントンD.C.の魅力を余す所なく観光、日系2社

乗り降り自由のバス

JTB、HIS共にワシントンD.C.の市内観光、乗り降り自由の観光バスなど、日本人に人気の観光スポットに立ち寄るツアーを中心に取り扱っています。

そのためはじめてワシントンD.C.を訪れる方や定番スポットを観光したい方には日系予約サイトがピッタリでしょう。

ツアーの内容は似たり寄ったり、日系2社

日系の旅行会社が取り扱っているオプショナルツアーはどこも似たり寄ったりなので、どこで予約しても間違えないでしょう。

敢えて言えば大手の旅行会社がいい方はJTB、格安旅にしたい方はHISといったところでしょうか。ただし、これはあくまでイメージの話で実際のところ価格はさそど変わりありませんし、予約サイトはあくまで予約代行で、実際に催行するのは現地の旅行会社です。

日系の旅行会社で予約するメリットは現地の催行会社から厳選して間違えないものを旅行会社があらかじめ選んでいるところですね。

日系の旅行会社の多くは、日本人ウケするツアーを厳選して選んで掲載しているので、どこで選んでも当たり外れが少ない。

現地の住人目線で旅をしたい方は外資系がオススメ

乗り降り自由のバス

アメリカの大手旅行予約サイト、エクスペディアも現地ツアーを取り扱っています。

このうちエクスペディアは日系では取り扱っていない現地の添乗員が案内するバスツアーや乗り降り自由のバスチケットに博物館の入館チケットがついたものなど、ある程度旅行慣れした方でも愉しめるものがあったりします。

外資系の旅行会社は定番の観光ツアーのほかにも、日系の旅行会社が取り扱っていないような商品もあるので、選択肢が多い。

安心と信頼の日系、現地に暮らすように旅を愉しむ外資系

ワシントンD.C.のオプショナルツアーはどこで予約するかによって旅の内容が大きく変わってきます。

定番スポットを満遍なく周りたい方は日系の予約サイトを、現地の人のように現地のガイドと一緒に旅をしたい方は外資系をオススメします。

オプショナルツアーを賢く利用してD.C.旅行を愉しんでみてください。

世界の一流が集まる街、ワシントンD.C.へ。

CrossGateway

CrossGateway

2017年、一般観光客としてホワイトハウスの内部を見学したのをきっかけに、ワシントンD.C.に旅行する日本人向けに当サイトを開設。ワシントンD.C.の魅力と旅を心から愉しむための裏技など、ここでしか手に入らない情報をお届けします。

関連記事

最近の記事

  1. 阪急交通社のトラピックスは買いか?ツアーのメリットと参加にあたっての注意点など

  2. ワシントンD.C.を自由に散策できるフレンドツアーの魅力、おすすめの過ごし方など

  3. HyperJuiceで旅行中の充電も完璧、ワシントンD.C.に持っていきたいモバイルバッテリー

  4. PR

    世界最大級のツアーアクティビティ検索サイト

    Liigo

CrossGateway

CrossGateway

2017年、一般観光客としてホワイトハウスの内部を見学したのをきっかけに、ワシントンD.C.に旅行する日本人向けに当サイトを開設。ワシントンD.C.の魅力と旅を心から愉しむための裏技など、ここでしか手に入らない情報をお届けします。

ブログランキング

ブログ村

トラベルD.C. - ワシントンD.C.を100倍愉しむ - にほんブログ村

スポンサードリンク

TOP